音の考古学 - 荒山千恵

荒山千恵 音の考古学

Add: opotule82 - Date: 2020-12-18 20:02:00 - Views: 1551 - Clicks: 4858

音の考古学 : 楽器の源流を探る. 書名: 音の考古学 楽器の源流を探る: シリーズ: 著者: 荒山 千恵 著: 発行元: 北海道大学出版会: 出版年: /02: 判: a5: ページ. 音の考古学 : 楽器の源流を探る フォーマット: 図書 責任表示: 荒山千恵著 言語: 日本語 出版情報: 札幌 : 北海道大学出版会,.

「筑形木製品の研究」『研究論集』北海道大学大学院文学研究科、 号、5 99-121頁. 2 形態: viii, 255p ; 22cm 著者名: 荒山, 千恵 書誌ID: BB15095952. 出版社 北海道大学出版会 出版年. アンビシャス-社会学-櫻井義秀 ; 格差の社会学入門-平沢-和司 ; ローマ帝国の統治構造-北海道大学大学院文学研究科研究叢書25-飯坂-晃治 ; 郭店楚簡『五行』と伝世文献の研究-北海道大学大学院文学研究科研究叢書26-西-信康 ; 持続可能な未来のためにii-吉田文和. 音の考古学 楽器の源流を探る - 荒山千恵/著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。.

音の考古学 - 楽器の源流を探る - 荒山千恵 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 音の考古学 ― 楽器の源流を探る 荒山 千恵著 判型: a5 上製 頁数: 268 isbn:cコード: c3073 発行日:定価: 6,600円 (本体価格6,000円+税) 在庫あり. 本書は、日本列島において遺跡から出土した音響発生 器具(楽器、音具)を対象として、人類史における音文. 「音の考古学」 ~楽器の源流を探る~ 人が 音楽を楽しむようになったのはいつなのか 忍路などの出土資料から、日本の音楽のはじまりをえます 日 時 6月15日(日)10:30~ 会 場 小樽市総合博物館・本館 研修室.

考古学: 研究機関: 北海道大学: 研究代表者: 荒山 千恵 北海道大学, 大学院・文学研究科, 専門研究員研究期間 (年度) – : キーワード: 音楽考古学 / 実験考古学 / 琴 / 楽器 / 音響発生器具 / 音文化 / 音楽 / 木製品: 研究概要. 著者の博士論文「人類史における「音」の文化の考古学的研究 : 日本列島から出土した音響発生器具を対象として」 (平成19年度, 北海道大学)をもとに加筆改変のうえ、平成21年度から平成23年度までの科学. 音の考古学 楽器の源流を探る. 著者 荒山 千恵 (著). Bib: BBISBN:. Affiliation (based on the past Project 音の考古学 - 荒山千恵 Information):北海道大学,文学研究科,その他, Research Field:Archaeology, Keywords:音楽考古学,実験考古学,琴,楽器,音響発生器具,音文化,音楽,木製品,弥生・古墳文化,製作技術, of Research Projects:2, of Research Products:18 Sound archaeology : the origin of ancient Japanese music and musical instruments from excavated objects.

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月; 音の考古学: 荒山千恵 著: 北海道大学出版会:. オト ノ コウコガク : ガッキ ノ ゲンリュウ オ サグル. タイトル: 書評・紹介 荒山千恵著『音の考古学 : 楽器の源流を探る』 著者: 荒山 千恵: 出版地(国名コード) jp. 荒山 千恵 著『音の考古学―楽器の源流を探る』 ( 札幌,北海道大学出版会, 年2 月,A5 判,viii+256 頁,6000 円+税) 荒. 荒山 千恵さん(いしかり砂丘の風資料館 学芸員) 北海道札幌市出身。札幌国際大学卒業後、大学院文学研究科に進学。歴史地域文化学専攻 北方文化論専修にて考古学を研究。年3月に博士(文学)を取得後、大学非常勤講師等を経て、石狩市に就職。. 2 形態: viii, 255p ; 22cm 著者名: 荒山, 千恵 書誌ID: BBISBN:. 博士(文学)荒山千恵 学位論文題名 人類史における「音」の文化の考古学的研究 ―日本列島から出土した音響発生器具を対象として― 学位論文内容の要旨 本論文は、音と人類との関わりの歴史を、音の文化制度化という観点から人類史の中で. Format(Detailed): Text: Subject: 考古学: ISBN:Notes: 引用・参考文献: p.

荒山, 千恵, 1978- 国立国会図書館のサービス Online Services at the NDL 以下のリンクボタンから国立国会図書館サーチで検索ができます。. 2: 北大構内の遺跡: 吉崎昌一, 岡田淳子編. 北海道大学出版会,. | 荒山千恵の商品、最新情報が満載!. Affiliation (based on the past Project Information):北海道大学,文学研究科,その他, Research Field:Archaeology, Keywords:音楽考古学,実験考古学,琴,楽器,音響発生器具,音文化,音楽,木製品,弥生・古墳文化,製作技術, of Research Projects:2, of Research Products:18.

研究代表者:荒山 千恵, 研究期間 (年度): –, 研究種目:若手研究(b), 研究分野:考古学. 音の考古学 楽器の源流を探る:本・コミックのネット通販ならセブンネットショッピング。セブン‐イレブン店舗受取りなら送料無料&24時間受取れる。nanacoポイントも貯まって使える便利でお得なショッピングサイトです。. 2 形態: viii, 255p ; 22cm 著者名: 荒山, 千恵(1978-) 書誌ID: BBISBN:.

荒山, 千恵(1978-) 書誌id: bb以下のlink先でもこの図書の目次等の情報が. 原始・古代の音文化に関しては、史料が少ないために漠然とした内容に留まる状況にあった。本書では、日本列島から出土した楽器関連資料の集成データをもとに、考古学的な基礎研究の成果を提示する。関係者待望の書。 荒山千恵(あらやま ちえ). 音の考古学 : 楽器の源流を探る / 荒山千恵著 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: オト ノ コウコガク : ガッキ ノ ゲンリュウ オ サグル 言語: 日本語 出版情報: 札幌 : 北海道大学出版会,. 序章 考古学からみた「音」の世界; 第1章 研究史と研究方法-過去の音文化をどのように捉えるか; 第2章 気鳴系音響発生器具の検討-〓ケン)形土製品について; 第3章 打鳴系音響発生器具の検討-小型青銅製ベルについて. 2 形態: viii, 255p : 挿図, 地図 ; 22cm 著者名: 荒山, 千恵(1978-) 書誌ID: BB15095952. 荒山千恵 | 商品一覧 | 本・雑誌・コミック | HMV&BOOKS online | 1978年札幌市生まれ。年北海道大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得. 表記タイトルの講演が行われる。講師は「いしかり砂丘の風資料館」学芸員の荒山千恵氏。荒山氏は札幌国際大学(在学中は合唱団の団長)から北海道大学大学院へ進み、「音の考古学」で博士号を取得し現在に至る。8703は14日(土)の第九演奏会とセットで小樽を訪問しようと思い、ホテルを.

2 形態: viii, 255p : 挿図, 地図 ; 22cm 著者名: 荒山, 千恵 書誌ID. 音の考古学 : 楽器の源流を探る. 研究者番号 日本の研究. 荒山千恵 | プロフィール | HMV&BOOKS online | 1978年札幌市生まれ。年北海道大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得. | 荒山千恵の商品、最新情報が満載!.

2 Description: viii, 255p ; 22cm Authors: 荒山, 千恵(1978-) Catalog. 音の考古学 : 楽器の源流を探る Format: Book Responsibility: 荒山千恵著 Language: Japanese Published: 札幌 : 北海道大学出版会,. com : 238806 科研費研究者番号 :所属 年度 (平成21年度) 北海道大学 ・その他. 出土楽器のデータに基いた音楽考古学の研究書。琴の復元研究を含む。 お茶大OPAC CiNii Books.

音の考古学 - 荒山千恵

email: ipeluk@gmail.com - phone:(680) 538-9193 x 4963

日下公人が読む 日本と世界はこうなる 2012~ - 日下公人 - Chronicle Sony

-> 新・中東ハンドブック - 板垣雄三
-> 美と生命 - 高村光太郎

音の考古学 - 荒山千恵 - 亀田純香 ビジネス指さし会話帳


Sitemap 1

民事訴訟の基本原理と要件事実 - 田中豊 - 下野博文 優良住宅地等のための譲渡の軽減税率の特例